スマホのデータ通信量が月額上限を超えると速度制限になってとても低速で使えない状態にあります。速度制限を解除したり、速度制限にならないようにするにはどうしたらよいか解説します。

速度制限を解除する方法

スマホを使い放題にする料金は?通信速度の妥協点が大事

2017年10月09日 10時50分

■ 速度制限を回避する方法の1つが使い放題

月額のデータ通信量を超えると低速に
なる速度制限は、

通信速度が1/1000にもなって
しまうほど厳しいものです。

普通に考えたら、通信速度が1000
分の1になったら、

1秒かかっていた処理は1,000秒
0.1秒かかっていたものは100秒

これだけ時間がかかるようになるのです。

瞬時に再生が始まっていた動画の再生も
10分待っても再生しないような
状況になるのです。

これって、実質動画が始まらないので
あきらめることになるわけです。

こういった状況が速度制限の最悪の
状態なワケです。

かなりつらいんですよ。

LINEでメッセージをもらう程度の
軽いことは大丈夫ですが、

動画再生はあきらめた方が良いです。

体験してみると実質使えないことが
わかります。


■ 使い放題は救世主?

それに対して、データ通信量の上限が
ない、使い放題のサービスがあります。

データ通信量に上限がないので、
速度制限にならない、ということです。

例えば、
U-mobileのLTE使い放題

があります。
U-mobileのLTE使い放題は

データ通信だけなら月額2,480円
通話もできるタイプで月額2,880円

という割安な価格です。
すごく魅力的に見えます。

一時このプランはすごく期待されたの
ですが、実際は通信速度が遅いという
欠点がありました。

「LTE使い放題」ですから、LTEの
速度で通信できると誰もが思うわけ
ですが

それが期待ほどのスピードは出なかった
のです。

それもやむを得ない一面はあります。
使い放題で通信も高速だったら
U-mobileは大赤字でしょう。

商売として成り立つためには、通信
速度を遅くするほかなかったと
思います。

実質的にはおすすめしにくいプランです。


■ 使い放題ならWiMAX2+が高速

高速な通信速度で使い放題はないのか
というとそうではありません。

唯一それを可能にしているのが
「WiMAXのギガ放題」
です。

WiMAXはau系のUQモバイルが
提供しているサービスで、
データ通信専用です。

スマホに入れるタイプではなく、
モバイルルーターとして使いますので、

スマホからはWi-Fiで接続します。
スマホ以外にもパソコンやレコーダー
ゲーム機など

Wi-Fiを使うものは何でもインター
ネットに接続できるメリットが
あります。

月額料金は4,000円を超えますが、
割引などもあり、実質月額3,000円
台で使えるのが魅力です。

U-mobileと比較すると高く
感じるかもしれませんが、WiMAXは
通信の高速性が確実です。

その点で安心して選べる、
高速・使い放題のデータ通信が
楽しめるのです。

※WiMAXは3日間で10GBの通信量を
超えると速度制限があります。